県立美術館の顔となるロゴ・シンボルマークを公募します!
見出し画像

県立美術館の顔となるロゴ・シンボルマークを公募します!

鳥取県立美術館(開館準備中・2025年春開館)

こんにちは!鳥取県立美術館広報担当です。
春の大型連休、みなさんいかがお過ごしですか。久しぶりに旅行に出かける方、この時間を使って前からやってみようと思っていたことに取り組む方、のんびり過ごされる方、素敵な連休になるとよいですね!!
さて、そんな時はきっとnoteをチェックする方も多くなるのではと期待して、鳥取県立美術館としてはビックニュースをお知らせします。

公募の経緯

鳥取県立美術館は2025年春の開館まであと3年を切りました。
この3月には3年前の節目の時期を県民を始め多くの方とお祝いしたいと考え、トークイベントを2本開催しました。
鳥取県立美術館は「とっとりの未来を“つくる”美術館」「みんなで“つくる”県民立美術館」をコンセプトに掲げ、開館準備の段階から県民が参画しともにつくりあげる「県民立美術館」を目指して、県民対話や説明会を積み重ねています。

そんな県立美術館を象徴するロゴ・シンボルマークだからこそ、開かれた場でみんなでつくりたいとの想いから、誰もが参加できるしくみで”つくる”ことにしました。

  • こどもから大人まで誰もが参加しやすい、応募範囲が選べる公募(プロはデザインから関連業務委託まで一括で取り組めます)

  • プロはもちろん、プロでなくとも手書きでも応募できるしくみ

  • 最終審査に残る候補案を選ぶことに、誰もが参加できる一般投票のしくみを導入

これから始まる県立美術館の長い長い歴史を、この記事をご覧の皆さんからの案とともに、一緒に歩みます。ぜひまたとないこの機会に、「とっとりの未来を”つくる”美術館」を一緒につくりませんか。
多くの方からのご応募、心よりお待ちしております!!

募集概要

【募集内容】2025年春に開館する鳥取県立美術館のロゴ・シンボルマークのデザイン案 ※シンボルマークのみ応募も可
◆◆ 募集要項(PDF2MB) ◆◆

【応募期間】2022年7月7日(木)~7月21日(木)
【応募資格】どなたでも

※国内外の個人、法人、団体いずれでも可
※年齢制限はありません。未成年者の応募には保護者の同意が必要です。
【 各賞 】最優秀賞(1名):最大80万円 ※税込
※各種権利譲渡の対価(10万円)+関連業務委託費(70万円)
※詳細は募集要項を参照ください。
優秀賞(3名)、特別賞(若干名):各副賞 鳥取県の特産品
【応募書類】
・ロゴ・シンボルマークデザイン案(様式1)
・デザインコンセプト(応募フォームに入力もしくは様式3に記入)
・誓約書(様式2)
・応募用紙(様式3)※郵送の場合のみ
 ⇒デジタルにて制作・クレヨンなどで手書きでもOK!

【主なスケジュール】※詳細は上記募集要項をご覧ください。

オンライン説明会やります!

本公募に関心を持つ方を対象に、鳥取県立美術館整備運営事業の概要や募集要項に関する説明会をオンラインにて開催します。どこからでも参加できるのがオンラインのメリット。「ちょっと聞いてみようかな」と気軽な参加もOKです。ぜひ以下よりお申込みください。
※Zoomウェビナー機能を使用、事前登録制・先着順

 ◆ オンライン説明会申込ページ ◆

【質問の受付と回答】
募集要項の内容に関する質問は、下記の通り提出してください。
公平を期すため、本件に関する 質問受付はこの期間のみとします。
<申込受付>2022年4月25日(月)~2022年5月16日(月)
<回答>2022年5月30日(月)頃予定
<提出方法>質問提出フォームより提出

【応募方法】
応募書類を以下よりダウンロードし、郵送(A)または応募フォーム(B)から提出してください。
<受付期間>2022年7月7日(木)~7月21日(木)※厳守

応募以降の詳細はプレサイト特設ページをご覧ください!!

チラシ表面
チラシ裏面

多くの方のご応募お待ちしております!!
そして、ぜひ面白い!応援したい!と思ってくださった方は、関心持ちそうなお知り合いの方にシェア頂くなど、周知協力いただけると大変ありがたく、嬉しい限りです。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
うれしいです。励みになります!
鳥取県立美術館(開館準備中・2025年春開館)
鳥取県立美術館の公式noteです。 鳥取県立美術館のビジョンや想いが伝わるように、プレサイトから開館準備にまつわるじっくり読んでほしい選りすぐり(?)のストーリーを、広報担当がマゴコロこめてお届けします。