【建設現場リポート】いよいよ本格的に建設工事の段階へ(2022.03)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【建設現場リポート】いよいよ本格的に建設工事の段階へ(2022.03)

鳥取県立美術館(開館準備中・2025年春開館)

こんにちは!鳥取県立美術館広報担当です。
鳥取県倉吉市(鳥取県の真ん中あたり)からの建設現場リポートです。

コロナ禍の影響でストップしていた仮設現場事務所の建設も再開し、いよいよ建設スタッフの拠点が建設地内に立ち上がりました
ユニットひとつをクレーンで吊り上げ、2階建てで組み立てていきます。事務所内は仮設といえども、これから2年間使用していくため、一般のオフィスのような設えです。工事関係者はもちろんのこと、視察やはたまた現場見学会などで、県民の皆さんも立ち寄られるかもしれませんね。

杭打ち工事の下準備

事務所整備を横目に、今日も工事車両は整地作業に、敷地内を縦横無尽に走ります。(もう雪の心配はないですね) 一部グレーの部分は地盤改良用のセメント材です。土に混ぜ、強固な地盤を作り、メインの揚重機である120tクレーンの走路となります。

“はたらくくるま”は、つい応援したくなるような働きぶり。

整地作業がひと段落したら、いよいよ基礎工事の杭(くい)打ちに進みます。杭打ち工事では建物の重さに耐えられる支持層という地盤まで杭を打ち込みます。県立美術館の建物を支える大事な土台作りの工程です。場所によって建物の荷重は異なるので、打つ杭の太さもそれに合わせて変わります。杭打機は現場で組み立てます。高さが約30mもあり、仮囲いの外からでもご覧いただけますが、足元ではこのような動きをしています。

写真に写る現場スタッフと比較して、そのスケールの大きさがわかりますね。
立ち上がるとこんな様子。天気が良くて車体カラーが映えます。

杭打ち工事は最初に試験杭というものを行います。設計図や施工計画通りに杭が打ち込めるかを確認します。その大きさに圧倒されます。このような品質確保のための所作は、以降の工程においてもその都度実施され、しっかりとした建築物を建てるための大切な工程です。

建設現場クイズ

突然ですがクイズです!Q1:整地作業後にできたこの風景、何かわかりますか?
個数にして300個弱。なにやら巻かれている様子。
突然ですがクイズです!Q2:なにやらたくさんあるくるくるしたパーツ。これはなんでしょう?ヒントは写真の中にあります。

クイズの答えはプレサイト本編を確認してくださいね。
建設工事レポート、次回もお楽しみ!

◆◆◆ 関連情報 ◆◆◆
これまでの施設整備の進捗や、建設地の定点観測写真はこちらから
↓↓↓
「施設整備の進捗」ページ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
だんだん!(鳥取弁で”ありがとう”)
鳥取県立美術館(開館準備中・2025年春開館)
鳥取県立美術館の公式noteです。 鳥取県立美術館のビジョンや想いが伝わるように、プレサイトから開館準備にまつわるじっくり読んでほしい選りすぐり(?)のストーリーを、広報担当がマゴコロこめてお届けします。