マガジンのカバー画像

県内地域情報・美術関連情報が掲載されている他note記事

3
建設地の倉吉市をはじめ県内の地域紹介や、県内の美術を盛り上げる関連の動きが分かるような情報を不定期ですがピックアップします。鳥取県になじみがない方が少しでも具体的にイメージが持て… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

鳥取県立美術館開館に向けた対話型鑑賞実践をまとめてみた+α

鳥取県でデザイン・アート×教育・支援・対話を軸に活動しているクラタです。昨年2021年後半から「対話型鑑賞」について力を入れて取り組んでおり、「鑑賞教育」と「対話」について考えることが多くなってきました。昨年末に「対話型鑑賞」についてこんな記事をまとめています。

鳥取県では、2025年春(令和6年度中)に新しく鳥取県立美術館が開館されます。開館に向けて作品鑑賞のファシリテーター(案内役)を配置す

もっとみる

地域の見どころリレー:倉吉博物館

鳥取県立美術館整備運営事業において、館の設置目的のひとつに「まちを”つくる”」を掲げています。それは、県内文化施設や周辺施設・地域と連携して地域の魅力を高めることも目指しています。
そこで、プレサイトでも県立美術館建設地の倉吉市のまちはどんなところか、鳥取県内にはこんなところもあるよという一面を、美術や美術館事業にまつわるモノ・コト・ヒトと合わせて紹介することにしました。

記念すべき1回目の地域

もっとみる
また見てくださいね☆

現代版「里見八犬伝」で、鳥取県倉吉市を新たなポップカルチャーの聖地に

 江戸時代から明治時代にかけて建築された白壁土蔵群をはじめ、江戸情緒を色濃く残した街並が重要伝統的建造物群保存地区に選定される一方、近年ではポップカルチャーを活用したまちづくりを推進している鳥取県倉吉市。

 今回、観光庁主導の「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業」に採択された「現代版『里見八犬伝』倉吉のまちを巡るバーチャルオンラインツアー」では、「里見八犬伝」のオリジナルストーリー

もっとみる