県民みんなと対話ログ

4

県民みんなと対話ログ:明倫コミュニティセンター地域活性化講座(2021.9.11)での出前説明会-美術館計画概要について-

皆さんは「芸術のかがやくまちづくり」と聞いて、どんなイメージをもちますか?鳥取県立美術館のオープンを契機に、「芸術のかがやくまちづくり」に取り組む倉吉市明倫地区。県立美術館の建設予定地からほど近く、県立美術館から明倫地区にかけてのエリアは、歴史文化を活かしつつ新しい文化もまちづくりに取り入れている、まち歩きにもおすすめのエリアです。

◇◇◇ 参考:明倫地区と周辺の名所 ◇◇◇ 
倉吉市に残る最古

もっとみる
だんだん!(鳥取弁で”ありがとう”)

県民みんなと対話ログ:とっとり県美応援団(2021.8.29)との対話会-県民参画のしくみについて-

2021年8月29日、とっとり県美応援団の皆さんと、「県民参画のしくみ」をテーマに対話会をオンラインで実施しました。その様子を少しだけですがご紹介します。

対話は県民の皆さんが鳥取県立美術館整備運営事業(PFI)が自分ゴトに捉えるきっかけにしたい。とっとり県美応援団さんとは今春の総会の際に講演会をさせていただいたぶりで、今回は美術館運営に関わる『県民参画のしくみ』をテーマに対話の機会を持ちました

もっとみる
だんだん!(鳥取弁で”ありがとう”)

県民みんなと対話ログ:倉吉市公民館連絡協議会でのオンライン研修(2021.7.8)-美術館概要について-

さる2021年7月8日に、倉吉市内13地区のコミュニティセンター(公民館)の館長さん、主事さんを対象とした研修会がオンラインで開催され、県教育委員会美術館整備局・梅田局長と鳥取県立美術館パートナーズ(株)業務責任者・和田さんから、鳥取県立美術館の概要について紹介しました。
今後、住民の方々が県立美術館ができることを自分事として考え身近に感じてくださるよう、各地区でその機会を設けてくださるという嬉し

もっとみる
うれしいです。励みになります!

県民みんなと対話ログ:とっとり県美応援団総会(2021.4.25)での講演-美術館計画について



「県民みんなとの対話ログ」シリーズはじまります。
===
鳥取県立美術館整備運営事業は「県民みんなでつくる」機会を大切にしており、開館準備期間中から県民の皆さんと対話の場をつくって進めています。
そんな皆さんとの対話の記録を「県民みんなとの対話ログ」シリーズとしてご紹介!
県内各地での対話の様子をアーカイブしていき、参加できた人もできなかった人も共有できるホワイトボードのようなメモとして活用し

もっとみる
ありがとござんした!(鳥取弁で”ありがとうございました”)