【公式】鳥取県立美術館(開館準備中)

\OPENNESS! / 2025年3月30日開館予定の鳥取県立美術館の公式noteで…

【公式】鳥取県立美術館(開館準備中)

\OPENNESS! / 2025年3月30日開館予定の鳥取県立美術館の公式noteです。 鳥取県立美術館のビジョンや想いが伝わるように、プレサイトから開館準備にまつわるじっくり読んでほしい選りすぐり(?)のストーリーを、広報担当がマゴコロこめてお届けします。

マガジン

  • 県美をつくるひと

    みんなで”つくる”を大切にしている鳥取県立美術館。 まずは建設の様子や運営検討の進捗などを気軽に情報共有し、「こんなこと知りたいな」「こんなアイディアどうだろう」と意見交換なんかもできてしまうしくみとして、フェイスブックグループ機能をプラットフォームに”とっとりアートLab.(通称とりらぼ)”を運用しています。 https://www.facebook.com/groups/1603460733186071/ ※登録は随時大歓迎です。 そんなとりらぼでは、「県美をつくるひと」と題して、県立美術館に携わる方々にご登場いただき、美術館への想いを語っていただいています。ぜひ、ご覧ください。

  • 鳥取県美の建設現場リポート

    2025年春に開館する鳥取県立美術館。建設工事の様子を現場スタッフ目線でお伝えします。日々変化する風景とともに、県立美術館整備運営事業に携わる多くのヒト・モノ・コトを通じて仕事の幅広さ・面白さも合わせて伝えていきます。多くの方に共通の楽しみとして感じてもらえると嬉しいです。

  • つたえる・たのしむ、鳥取県美のコレクション

    鳥取県立博物館では、秋聲をはじめ県にゆかりのある作家の作品を重点的に収集してきました。これら鳥取県立博物館のコレクションは、鳥取県立美術館へと引継がれます。鳥取県とゆかりのある多様な作品との出会いを、美術スキの方も接点がない方も、思わず「へぇ~そんなんだ?」と楽しんでもらえるように紹介することが目標です!

  • 県内地域情報・美術関連情報が掲載されている他note記事

    建設地の倉吉市をはじめ県内の地域紹介や、県内の美術を盛り上げる関連の動きが分かるような情報を不定期ですがピックアップします。鳥取県になじみがない方が少しでも具体的にイメージが持て、「面白いことやっているね」と頭の片隅にでもひっかかるきっかけになればうれしいです。

  • 県民みんなと対話ログ

    『県民みんなでつくる美術館』らしく、県民の皆さんとの交流を記録としてアーカイブ。色んな人が関わり支えてくれていることを、感謝も込めて広く伝えたいです。

リンク

記事一覧

【お知らせ】県展が倉吉博物館で開催されています!(21.11.06~.23)

紅葉の色づく芸術の秋、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? 鳥取県立美術館が建設される倉吉市の倉吉博物館では、11月23日まで鳥取県美術展覧会(県展)が開催されてい…

県民みんなと対話ログ:鳥取R29フォトキャラバン実行委員会(2021.10.12)との顔合わせ-アートのすそ野を広げるに…

世界的に著名な写真家 植田正治は、出身地である鳥取県・山陰を生涯に渡り活動拠点としたように、鳥取県の風景に魅了された写真家は多いと聞きます。 今回は、写真という表…

県民みんなと対話ログ:鳥取藝住実行委員会(2021.8.25)との顔合わせ-県民参画に向けたミーティング-

現在、県と鳥取県立美術館パートナーズ株式会社(SPC)は一体となって、「県民みんなでつくる美術館」の実現に向けた県民との対話会を進めています。 2021年8月25日、県内で…

県民みんなと対話ログ:明倫コミュニティセンター地域活性化講座(2021.9.11)での出前説明会-美術館計画概要について…

皆さんは「芸術のかがやくまちづくり」と聞いて、どんなイメージをもちますか?鳥取県立美術館のオープンを契機に、「芸術のかがやくまちづくり」に取り組む倉吉市明倫地区…

地域の見どころリレー:倉吉博物館

鳥取県立美術館整備運営事業において、館の設置目的のひとつに「まちを”つくる”」を掲げています。それは、県内文化施設や周辺施設・地域と連携して地域の魅力を高めるこ…

【活動紹介】県立美術館で”やってみたいこと”、県民の「夢」集めをはじめました。

鳥取県立美術館開館まで4年を切り、今年度もコロナ禍のなかできる限り、美術館計画の紹介と県民の皆さんの想いを伺う機会として、出前説明会や対話会などに取り組んでいま…

【お知らせ】県展が倉吉博物館で開催されています!(21.11.06~.23)

【お知らせ】県展が倉吉博物館で開催されています!(21.11.06~.23)

紅葉の色づく芸術の秋、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
鳥取県立美術館が建設される倉吉市の倉吉博物館では、11月23日まで鳥取県美術展覧会(県展)が開催されています。

今年で65回目を迎える県展は、創作活動の振興を目的に鳥取県民から広く作品を募集し、東部・西部・中部の3会場で順次展示を行います。中部地区の倉吉博物館では、途中に展示替えを挟み前期【令和3年11月6日(土)~11月13日(土) 

もっとみる
県民みんなと対話ログ:鳥取R29フォトキャラバン実行委員会(2021.10.12)との顔合わせ-アートのすそ野を広げるには?-

県民みんなと対話ログ:鳥取R29フォトキャラバン実行委員会(2021.10.12)との顔合わせ-アートのすそ野を広げるには?-

世界的に著名な写真家 植田正治は、出身地である鳥取県・山陰を生涯に渡り活動拠点としたように、鳥取県の風景に魅了された写真家は多いと聞きます。
今回は、写真という表現を通して地域の魅力を新発見・再発見する取組み『鳥取R29フォトキャラバン』を企画し、講師を務める写真家・水本俊也さんとの顔合わせの様子をレポートします。

“写真”というアート表現の可能性
鳥取県八頭町出身の水本さんも、鳥取の人や自然、

もっとみる
県民みんなと対話ログ:鳥取藝住実行委員会(2021.8.25)との顔合わせ-県民参画に向けたミーティング-

県民みんなと対話ログ:鳥取藝住実行委員会(2021.8.25)との顔合わせ-県民参画に向けたミーティング-

現在、県と鳥取県立美術館パートナーズ株式会社(SPC)は一体となって、「県民みんなでつくる美術館」の実現に向けた県民との対話会を進めています。
2021年8月25日、県内で地域に根差した芸術文化活動を行っている「鳥取藝住実行委員会」のメンバーの方々とオンラインにて話し合いを行いました。

鳥取藝住祭は、国内外から招いたアーティストが地域に滞在しながら作品を製作する「アーティスト・イン・レジデンス(

もっとみる
県民みんなと対話ログ:明倫コミュニティセンター地域活性化講座(2021.9.11)での出前説明会-美術館計画概要について-

県民みんなと対話ログ:明倫コミュニティセンター地域活性化講座(2021.9.11)での出前説明会-美術館計画概要について-

皆さんは「芸術のかがやくまちづくり」と聞いて、どんなイメージをもちますか?鳥取県立美術館のオープンを契機に、「芸術のかがやくまちづくり」に取り組む倉吉市明倫地区。県立美術館の建設予定地からほど近く、県立美術館から明倫地区にかけてのエリアは、歴史文化を活かしつつ新しい文化もまちづくりに取り入れている、まち歩きにもおすすめのエリアです。

◇◇◇ 参考:明倫地区と周辺の名所 ◇◇◇ 
倉吉市に残る最古

もっとみる
地域の見どころリレー:倉吉博物館

地域の見どころリレー:倉吉博物館

鳥取県立美術館整備運営事業において、館の設置目的のひとつに「まちを”つくる”」を掲げています。それは、県内文化施設や周辺施設・地域と連携して地域の魅力を高めることも目指しています。
そこで、プレサイトでも県立美術館建設地の倉吉市のまちはどんなところか、鳥取県内にはこんなところもあるよという一面を、美術や美術館事業にまつわるモノ・コト・ヒトと合わせて紹介することにしました。

記念すべき1回目の地域

もっとみる
【活動紹介】県立美術館で”やってみたいこと”、県民の「夢」集めをはじめました。

【活動紹介】県立美術館で”やってみたいこと”、県民の「夢」集めをはじめました。

鳥取県立美術館開館まで4年を切り、今年度もコロナ禍のなかできる限り、美術館計画の紹介と県民の皆さんの想いを伺う機会として、出前説明会や対話会などに取り組んでいます。
そんななか、県内団体との会合や講座など特別な回ではなく、もっと日常的な場で美術館ができることを知ってもらい、気軽に想いを伝えてもらう場として、『県立美術館で”やってみたいこと”、あたなの「夢」をお寄せください!』と題し、街頭で気軽に参

もっとみる